2018年下期「過去問」
第二種電気工事士試験問題(問題26/50)

直読式接地抵抗計を用いて,接地抵抗を測定する場合,被測定接地極Eに対する,2つの補助接地極P(電圧用)及びC(電流用)の配置として,最も適切なものは。
本問題の計算で√2,√3 及び円周率πを使用する場合の数値は次によること。 
√2=1.41, √3=1.73, π=3.14




(一般財団法人 電気技術者試験センター より )
Btn back to top