LINEで送る
Pocket

施工管理技士の資格の中でも電気工事施工管理技士という国家資格があります。建設業法に根拠条文を持つ資格ですが、この電気工事施工管理技士には1級電気工事施工管理技士と2級電気工事施工管理技士があります。1級と2級では、1級の方が難易度が高そうですし、恩恵が多くあるように思えますが、2級電気工事施工管理技士を取得するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。この記事では、2級電気工事施工管理技士のメリットを紹介します。

まずは電気工事施工管理技士とは何かについて知っておきましょう。

2級電気工事施工管理技士とは?

電気工事施工管理技士という資格は施工管理の国家資格の一つで、建設業法第27条により規定された資格です。電気工事業を営む電気工事業者も例にもれず建設業務業法の規定を受けます。ゆえに電気工事施工管理技士は法律により守られた資格職であるといえるでしょう。

電気工事施工管理技士には1級と2級が存在します。それぞれには当然違いがあります。それは以下のような表にある違いになります。

比較項目1級2級
電気工事業の選任技術者(一般建設業許可)
主任技術者
電気工事業の選任技術者(特定建設業許可)
主任技術者及び監理技術者

ご覧のとおり、2級電気工事施工管理技士では特定建設業における専任技術者や、監理技術者になることはできませんが、1級電気工事施工管理技士ですと全ての建設工事に対応ができそうです。つまり1級電気工事施工管理技士は全ての建設工事ができますが、小さい工事を中心に一部の工事ができるのが2級電気工事施工管理技士になります。

2級電気工事施工管理技士のメリットその①主任技術者になれる

まず、2級電気工事施工管理技士を取得するメリットとしては主任技術者として専任されることができるということです。2級でできることは1級電気工事施工管理技士でもできることですが、難易度を考慮し、工事規模が小さい工事で電気に関する工程管理・品質管理・安全管理などの施工管理業務を行うことができます。また、専門技術者として電気のプロフェッショナルとしての活躍も可能なので、資格を活かした働き方にも多様さがでてきます。

これまで電気工事士として勤務し、現場代理人として働いてきた人にとって実務経験を積み2級電気工事施工管理技士の免状を交付されれば主任技術者としてより技術力の高い世界で活躍することができます。以下に1級電気工事施工管理技士と2級電気工事施工管理技士の違いを載せておきます。

区分内容
1級建設業法により特定建設業の営業所に置かなければならない専任の技術者や、工事現場ごとに置かなければならない主任技術者および監理技術者になることができる。監理技術者であり続けるためには更新が必要である。
2級建設業法による一般建設業の営業所の専任技術者や、工事現場における主任技術者となることができる。

2級電気工事施工管理技士のメリットその②需要が高く就職・転職に有利

現在、建設業従事者は人手不足とされており、とにかく人材の確保を緊急の問題として抱えている建設会社などは多くあります。施工管理についても職人同様に人手不足で採用の需要は高い資格です。資格を取得した後に職がないということが起こりにくい資格職であるともいうことができます。

そうした事情もあって2級電気工事施工管理技士の資格を活かした転職は非常に有利に働くといえるでしょう。もちろん2級電気工事施工管理技士の資格を保有していることだけでなく、確かな経験とパーソナリティが備わっていればなお一層転職活動で有利に働かせることができるのです。ですので、2級電気工事施工管理技士の需要は高いといえるでしょう。転職活動を考えている人などにとっては2級電気工事施工管理技士を保有していることがメリットにつながるのです。

2級電気工事施工管理技士のメリットその③年収が高い⁉

一般的に、設備管理の仕事より、施工管理の職種の方が年収が高いとされています。ですので、施工管理の年収は高いとされています。2級電気工事施工管理技士の転職は賃金基本統計などの統計資料で公開されてはいないのですが、2級電気工事施工管理技士の免状交付者を対象にした求人から独自に2級電気工事施工管理技士の年収を調査しました。

2級電気工事施工管理技士の求人毎年収下限値、上限値

2級電気工事施工管理技士の求人毎年収下限値、上限値

2級電気工事施工管理技士の年収の求人情報から読み解く下限値と上限値では、年収の範囲が385万円~678万円となっています。2級電気工事施工管理技士の年収を提示している求人の中には年収上限900万円のものもあるので、2級電気工事施工管理技士の年収は高いといえるでしょう。

2級電気工事施工管理技士を対象にした求人情報での平均年収は543万円となっており、日本人の平均年収420万円より高くなっています。また、企業の規模によって2級電気工事施工管理技士の年収も変わってきます。スーパーゼネコンでは950万円近くだったり、ゼネコンで700万円だったりします。ですので、2級電気工事施工管理技士を保有することは年収が上がるというメリットがあるといえます。

2級電気工事施工管理技士のメリットその④地図に残る仕事でやりがいがある

施工管理の仕事は何といってもその業務量の多さや気を使うことなどがありふれているので、『きつい!』『激務!』とされることがあります。その一方で施工管理の仕事に大きなやりがいを感じることもあります。例えば地図に仕事で建設したものが残ることや配線工事で出来上がった後の構造の美しさにやりがいを感じる人は多くいらっしゃいます。

建設業が地図に残る仕事といわれるのはそれだけ多くの施工管理技術者、職人の仕事があり、やりがいを感じているからこそなのではないでしょうか。また、施工管理を行うと多くの人とかかわる機会が頻繁にあります。部下がいたり他の業者と協業したりしますので、知識の幅もスキルも向上させることができるのです。

それに施工管理技術者として研鑽を積み重ねることで電気に関するエキスパートになることができます。2級電気工事施工管理技士として勤務し、多くのやりがいを感じることができるのは2級電気工事施工管理技士のメリットのうちの一つといえるでしょう。

2級電気工事施工管理技士のメリットその⑤1級の受験資格の受験資格が短縮

2級電気工事施工管理技士の上位の資格は1級電気工事施工管理技士ですが、この1級電気工事施工管理技士の資格の難しいところはその受験資格のハードルの高さにあります。受験資格の実務経験を満たせずに勉強が長期化することがあります。ですが、2級電気工事施工管理技士の試験に合格していれば1級の受験資格を5年から短縮することができるので、受験のハードルを下げることができるのです。以下に1級電気工事施工管理技士の受験資格を載せておきます。これもまた2級電気工事施工管理技士のメリットといえるでしょう。

学歴等実務経験年数
指定学科指定学科以外
大卒卒業後3年以上卒業後4年6ヶ月以上
短大卒卒業後5年以上卒業後7年6カ月以上
高卒卒業後10年以上卒業後11年6カ月以上
2級合格者合格後5年以上
2級合格者短大卒卒業後5年以上卒業後9年以上
高卒卒業後9年以上卒業後10年6カ月以上
その他14年以上
電験1~3種免状交付者6年以上(通算年数)
電工1種免状交付者実務経験は問いません

まとめ

以上のように2級電気工事施工管理技士の資格取得のメリットを紹介してきましたが、おおよそ以上のようなメリットが2級電気工事施工管理技士にはあるかと思われます。2級電気工事施工管理技士を取得するメリットを実感するのは人それぞれかと思われますが、取得して良かった、メリットに感じられると思えるように建職バンクはサポートをいたします。

LINEで送る
Pocket