LINEで送る
Pocket

建物の設計、工事監理を行う建築のプロフェッショナルである「建築士」。建築士は「一級」「二級」「木造」に分かれており、建物の規模や用途、構造によって扱うことのできる範囲が異なっています。今回の記事では、「二級建築士」について取り上げ、国家資格取得のために役立つ参考書をまとめました。

▼転職をお考えの方はこちらもどうぞ
資格を活かせる高年収求人情報を検索
電気業界最大級の転職・求人情報サイトで、ピッタリの求人を見つけましょう。

建職バンクのバナー

二級建築士について

二級建築士は都道府県知事の免許で、比較的小規模な建築物についてのみ、設計・工事監理を行うことができます。以下が、具体的に取り扱うことのできる範囲です。

  • 延べ面積が30㎡を超える建築物(ただし、鉄筋コンクリート造・鉄骨造・レンガ造・コンクリートブロック造・無筋コンクリート造・石造)
  • 延べ面積が100㎡を超える、または3階以上の建築物(その他の構造かつ木造以外)
  • 延べ面積が300㎡を超える、または3階以上の建築物(木造)

また二級建築士試験の内容は以下のようになっています。

試験区分出題形式出題科目出題数試験時間
学科の試験五肢択一式建築計画各25問計3時間
建築法規
建築構造計3時間
建築施工
設計製図の試験あらかじめ公表する課題の建築物についての設計図書の作成設計製図1課題5時間

試験は例年、7月第一日曜日に行われ、合格までには1年間ほど勉強する必要があります。試験合格の鍵となるのは、10年分の過去問を攻略することです。

おすすめの参考書

2級建築士試験 学科 過去問セレクト7 NOW&NEXT

  • 平成27~令和3年度までの過去7年分の本試験問題から、合格に必要な問題をセレクトし、計500問を掲載しています。
  • 過去問だけでは太刀打ちできないレベルに進化している本試験の状況を踏まえ、最新の技術や、昨今の社会情勢、法改正などを反映した問題を収録しています。
  • 建築士の試験は選択式(5肢択一)であるものの、より知識が深まるように記述式問題を収録しています。

購入はこちらから

2級建築士試験 学科 厳選問題集500+100

  • 初学者も多い二級建築士の学科試験を効率よく学習するため、過去問題の中からポイントとなる問題を科目別に500問ピックアップしています(各学科125問)。
  • 最新の令和3年本試験問題100問を収録し、各問題には難易度と、学習に便利な理解度チェック欄が付いています。東日本大震災や昨今の社会問題を受けて、環境問題や震災に関連する法改正など近年の試験で増加傾向にある新傾向問題に対応した内容となっています

購入はこちらから

スタンダード 二級建築士 2022年版

  • 毎年定評のある二級建築士受験書をリニューアルし、2色刷で見やすく、解答は別冊で使いやすくなりました。
  • 学科試験4科目の復習と整理、過去問3年分がこの1冊でできます。
  • 過去の出題や新傾向の難問を吟味し、出題された重要語句や内容すべてが基本に戻って学べるよう、初歩から丁寧に解説し理解力UPをはかります。

第五版 二級建築士受験 5日でわかる構造力学

  • 構造力学を5章8単元でまとめた対策本です。
  • 問題→計算プロセスのチェック→知識の整理という流れで、ヒントとともに問題を解きながら解法が身につく構成になっています。
created by Rinker
¥2,090 (2022/12/07 00:54:52時点 楽天市場調べ-詳細)

令和4年版 建築関係法令集 法令編

  • 厚さ約3.5cmの薄型なのでカバンに入れやすく、試験会場への持ち込みも可能です。
  • 建築士試験に必要な「建築基準法」「関係法令」「関係告示」を多数収録しています。
  • 建築基準法等の主要法令については、関連する条文の番号及び該当ページを脚注にて表記しています。
  • 建築基準法、同法施行令、同法施行規則、建築士法に改正履歴を付記しています。
created by Rinker
¥3,080 (2022/12/07 00:54:52時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

以上のように、「二級建築士」試験対策のおすすめの参考書をご紹介しました。特に過去問や問題集では、「総合資格書院」のものを掲載しましたが、「日建学院」のものもおすすめです。どの書籍を使うかは個人の好みですので、自分にあったものを見つけるためにいろいろ手に取ってみることをおすすめします。

LINEで送る
Pocket