LINEで送る
Pocket

転職サイトなどを⾒ていると、「⾮公開求⼈」という⾔葉を⽬にしたことがある⽅も多いのではないでしょうか。公開求⼈とはその名の通り、⼀般に公開していない求⼈情報を指しますが、⾮公開求⼈と「公開されている求⼈」にはどのような違いがあるのでしょうか?また、なぜ求⼈を⾮公開にする必要があるのでしょうか?
ここでは、転職サイトでよく⽬にする、⾮公開求⼈について解説をしたいと思います。

建職バンクのバナー

非公開求人とは?

⾮公開求⼈とは、企業のWebサイトや転職サイトなどで、⼀般に公開されていない求⼈情報です。どの企業がどのようなポジションで⼈を募集しているのかを普通の⼈は知ることができません。こうした⾮公開求⼈は、転職⽀援サービスを⾏っている⼀部の転職エージェントが情報を把握しています。                                    建職バンクでも6000件以上の公開求人のほかに多数の非公開求人を扱っています。

非公開求人の特徴 

非公開求人には大きく3つの特徴があります。

  • 大企業や有名企業の求人が多い
    • 急な異動や退職による⽋員補充を⾏う際などは、時間をかけて募集する余裕がありません。転職サイトでは求⼈公開までに⽇数を要することや、公開後も求職者側のアクション待ちという受動的な側⾯もあります。そのため、即時性が求められる求人ほど非公開求人という形で依頼がくるのです。
  • 幹部候補クラスなど年収が出やすい求人が多い
    • ⾮公開求⼈では、マネジメントができる⼈を求めている場合も少なくありません。また、極秘プロジェクトに関する求⼈もあり、内定後のやりがいはひとしおです。
      また、⾮公開求⼈の中には仕事内容や条件⾯が公開求⼈を上回るケースもあります。転職を⼈⽣のステップアップのために⾏うならば、利⽤する価値は⼤いにあるでしょう。
  • より自分にマッチした求人が見つかりやすい
    • ⾮公開求⼈の場合、広く多くの⼈材を求めているというより、施工管理や設備管理の資格保有者や経験者などスキルを持った⼈に絞り込んだ募集のケースが多くあります。
      そのため、⾃分のスキルや経験に応じた求⼈に出会える可能性が広がるのです。

非公開の求人の選考を受けるメリット

通常の求人と違い非公開求人をうけることの具体的なメリットは主に下記です。

  • 採用率が高い
    • ⼈気の企業や職種の場合、公開求⼈で募集すると、応募が殺到して選考に時間を要する可能性があります。急な異動や退職による⽋員補充を⾏う際などは、このように時間をかけて選考する余裕がありません。そのため、「~の資格をもった~の経験のある人にこの求人を紹介してほしい」という依頼が転職支援会社にくるのです。つまり、採⽤を急いでいることに加え転職支援会社が選んだ「企業に合う人材」として、企業は積極的な姿勢で選考してくれるのです。
  • 重要な役職に就ける可能性がある
    • 企業には、競合他社には知られたくないような極秘プロジェクトや事業戦略に直結する重要な案件が多数あります。また、そういった動きのあるプロジェクトでは、その⼯程において⼈材が必要になることが起こり得ます。もし⼀般向けに求⼈情報を公開してしまえば、採⽤条件などから、プロジェクトの内容を予測されてしまう可能性があります。このような仕事に就いた場合、企業にとって重要な役割を与えられるかもしれません。
  • より自分にマッチした求人が見つかりやすい
    • ⾮公開求⼈の場合、広く多くの⼈材を求めているというより、施工管理や設備管理の資格保有者や経験者などスキルを持った⼈に絞り込んだ募集のケースが多くあります。
      そのため、⾃分のスキルや経験に応じた求⼈に出会える可能性が高くなります。

非公開求人が向いている人・向いていない人

  • 非公開求人が向いている人
    • 企業が⾮公開求⼈で求める⼈物像は、公開求⼈よりも明確ですので、もしあなたのやりたいことや⽬指したいことがはっきりしているのであれば、転職後のミスマッチを防ぐ意味でも、⾮公開求⼈を探してみるのも良いでしょう。特に、今後もスキルアップを⽬指したいと考えている⼈はおすすめです。
  • 非公開求人が向いていない人
    • まだ⾃分の⽅向性が決まっておらず、様々な業種・業界を調べてみたい⼈は、⾮公開求⼈は向いていないといえるでしょう。そういう⽅は、公開求⼈であれば、たくさんの求⼈情報を⾃分で⾒⽐べることができるので、⾃分のペースで仕事を⾒つけることができます。多くの求⼈を⾒ていく中で、⾃⾝の⽬指したい業種・業界が定まってから、⾮公開求⼈を⾒てみるのも良いでしょう。

非公開求人が向いていない人にお勧めの方法とは?

とはいえ非公開求人のほうが良い条件の求人が多いのも事実。転職するならよい会社によい条件で転職したいですよね!

そこで「今の仕事をずっと続けるつもりはないけど具体的に何がしたいか決まってない」という方にぜひおすすめしたいのが                             キャリアの専門家に自分が進むべき方向性をアドバイスしてもらい、その領域の非公開求人を教えてもらうことです。

自分の長所や短所、向いている仕事や向いていない仕事を業界や仕事に精通した人に相談、アドバイスをもらうことで自分のやりたいことが見つかるだけでなく、それが実現できる条件の良い求人まで紹介してもらうことができます。

まとめ

非公開求人になぜ条件の良いキャリアアップが目指せる求人が多いかをご理解いただけたのではないでしょうか。                                      建職バンクでは建設業界に関わる様々な職種の非公開求人を多数保有しております。これを機に今後のキャリアを一緒に考えませんか?

LINEで送る
Pocket