LINEで送る
Pocket

 

電気主任技術者という職業をご存知でしょうか?建設業界や不動産業界ではない人ならばあまりなじみのない資格資格なのかもしれません。しかし、我々の生活、とくに生活のパイプラインである「電気」が安全に供給されているのも電気主任技術者の働きがあってこそだといえるでしょう。

この記事ではそんな電気主任技術者の働き方にスポットを当てた記事になります。世の中に公開された電気主任技術者の求人情報などからどんな業務をするのか?何歳まで就業が可能なのか?給料や年収はどのくらいもらえるのか?ということについての記事になります。

電験資格に合格したけれど、実際にどんな求人情報があるのかわからないどうやって探せばいいかがわからないといった方にとって役立つ記事になるはずです!

まずは、電気主任技術者とはいったい何なのか?電気主任技術者は何を求められているのかということを知っておきましょう。

▼転職をお考えの方はこちらもどうぞ
電気主任技術者の高年収求人情報を検索
電気業界最大級の転職・求人情報サイトで、ピッタリの求人を見つけましょう。

建職バンクのバナー

電気主任技術者とは?

電気主任技術者はまず国家資格のうちの一つです。国家資格ですので、何かしらの根拠法令が存在します。電気主任技術者は電気事業法により定められています。電気事業法の規定により「電気設備を設けている事業主は、工事・保守や運用などの保安の監督者として電気主任技術者を選任しなければならない」とされています。この選任義務があるからこそ事業主側も電気主任技術者を採用しなければならないのです。

このような電気事業法の規定があるからこそ電気主任技術者は手に職つける資格職であるといえるでしょう。そんな電気主任技術者は国家試験を合格しなければなりません。このようなことから電気主任技術者は「電験」と称されることがあります。

電気主任技術者の仕事内容

電気主任技術者の設立背景にもあるように、電気主任技術者は電気設備の定期点検業務を行います。また、電気設備の保安規定の作成や電気工事の計画や施工までの管理も行います。非常に幅拾い業務内容になっていますが、扱う電気設備の種類によって点検方法がことなったり、太陽光発電などの大規模電気設備だとその仕組みを理解しないといけないなど高度な技術力が求められる仕事になります。

このような仕事内容を電気主任技術者はこなしていくのですが、各区分により仕事威容も変わってきます。

電気主任技術者1~3種の違い

電気主任技術者には3区分あり、1~3種までの区分があります。このような区分は取り扱う電圧によって役割が変わっています。それは以下のような役割の違いになります。

資格 対象設備 対応可能設備 配置業務規定 有資格者数
電験1種 事業用電気工作物 全て   約9,000人
電験2種 ・発電所
・受電設備
17万V未満5万V以上 電気事業法 約34,000人
電験3種 ・送配電線設備
5万V未満かつ5,000kW未満
  約230,000人

このように電気主任技術者は電圧により扱う設備がことなってきます。ですので、求人情報もそれぞれの扱ってほしい電気設備により資格区分が変わてきます。備考ですが、近年では、太陽光発電所などの再生可能エネルギー分野が盛り上がっている関係上、それらを扱える電験2種以上の需要が高まっているようです。

次からは実際にインターネット上に公開された求人情報から電気主任技術者の働き方についてみてきたいと思います。

電気主任技術者の求人調査

電気主任技術者の求人情報というのは世の中に数えきれないほどある!というわけではないのですが、先ほど述べたように電気主任技術者の設置義務がある以上は電気主任技術者の求人情報は出され続けます。そんな電気主任技術者の求人情報から年収や経験がなくても大丈夫か?年齢は何歳までかといったことについてを調査してみました。

電気主任技術者の年収

電気主任技術者には先ほども述べたように1~3種が存在しますが、年収は当然といえば当然ですが、1種にあがるほど高くなる傾向にあります。電気主任技術者の年収の下限値と上限値は以下のようになりました。

電気主任技術者の年収_下限 と 年収_上限

電気主任技術者の年収_下限 と 年収_上限

電気主任技術者の平均年収は約473万円となりました。日本人の平均年収より高い数値ですし、電気主任技術者の年収は比較的高いほうだといえるでしょう。なお、電験資格の区分でいえば2種が最も年収が高く、電験1種はそもそもの求人情報が少なかったです。

電気主任技術者の年収の下限値では平均378万円となり、年収の上限値では平均568万円となりました。求人情報の中には年収上限値900万円もあり、高年収も見込めるような資格職になっています。電気主任技術者は高年収も見込める資格職であるためキャリアアップを図る技術者の方や現在電気工事士として働いているかたにとっては電気主任技術者を目指すことのメリットの一つといえるでしょう。

電気主任技術者の年齢~65歳でも大丈夫?~

以下のグラフは電気主任技術者の年齢上限値になります。年齢がきになり、就職活動や転職活動が心配という声は電気主任技術者のみならずどんな職業にも言えることです。ですが、建設業界で年齢をみると年々高年齢でも現役としていきいきと働いている方は他の業種に比べて多くいらっしゃいます。電気主任技術者だとどうなのでしょうか?

電気主任技術者の上限年齢

電気主任技術者の上限年齢

これは電気主任技術者の年齢の上限値を現したグラフになります。電気主任技術者の平均年齢は47歳となっていました。電気主任技術者で40代というのはこの業界では若いほうだと認識されます。65歳でも中堅といわれるような業界ですので、全然年齢に関係なく働ける可能性が電気主任技術者にはあるといえるでしょう。中には80歳でも勤務可能な求人もあったりします。ただ、高年齢であっても就業が可能な反面、求める技術力や、経験も高いものが求められているようです。

電気主任技術者に求められるもの

では、実際の電気主任技術者にどういったものが求められているのでしょうか。求人情報などから調査しました。その結果が以下のようなテキストマイニング結果です。

求人情報から読み解く電気主任技術者に求められるもの(テキストマイニング)

求人情報から読み解く電気主任技術者に求められるもの(テキストマイニング)

求人情報から読み解くと「経験」がどうやら求められているようです。どういった経験かというと電気主任技術者の資格を保有しているだけでなく、ビルの電気設備やデータセンター、商業施設などでの保守点検業務の経験が求められているようです。そのような経験があると優遇されたり、年収などの待遇が向上されるようです。

実務経験の有無で優遇があるかどうか変わってきますので、資格を取得したらまずは優遇措置を考慮せずに勤務することで経験をためていくことが転職活動においては有効といえるでしょう。とはいえ、電気主任技術者には実務経験はあるにこしたことはないのかもしれません。

また、電気主任技術者の中でもゼネコンのような元請会社で勤務していた経験がある技術者には即戦力としての活躍を求めているようです。

電気主任技術者は実務経験がないとダメなのか?

電気主任技術者に実務経験があると転職活動などで優遇されることがわかりましたが、電気主任技術者の中には実務経験がない技術者もいることは事実です。

最初はだれもが資格を取得した後は実務経験ゼロの状態です。ゼロから実務経験は積み上げていくのですが、このような実務経験はなくても十分転職活動はできます。

ある分野では実務経験を考慮した好待遇要件も満たすことがあります。どんな分野かというと、再生可能エネルギー分野です。どういうことかというと太陽光発電や風力発電、バイオマス発電などの再生可能エネルギー分野での発電設備は、比較的新しい技術です。新しい技術であるからこそ、だれしもが経験があまりありません。ですのでこの分野では実務経験にとらわれることはないと言い切れるでしょう。

再生可能エネルギー分野での電気主任技術者は特に需要が高く、転職市場でも求められています。特に第2種電気主任技術者の需要は高いのです。実務経験がないことはあまり心配する必要はないでしょう。

以上のように電気主任技術者は、比較的高齢まで働くことが可能な職業で、資格を取得したらその資格を風化させずに経験を積むほうがいいです。そのためには自分にあった電気主任技術者の求人情報を探さなければなりません。そんな電気主任技術者の求人情報の探し方について解説します。

▼転職をお考えの方はこちらもどうぞ
電気主任技術者の高年収求人情報を検索
電気業界最大級の転職・求人情報サイトで、ピッタリの求人を見つけましょう。

電気主任技術者の求人の探し方

電気主任技術者としての求人情報の探し方

電気主任技術者としての求人情報の探し方

そんな電気旬技術者の求人情報ですが、探し方については大きく2パターンあるかと思います。

求人サイトを利用する

世の中には本当に多くの求人サイトが存在します。どれが優れた求人サイトかは1長1短ありますが、電気主任技術者に限らず、幅広く世にあまねく職業を募集している総合系の求人サイトがあります。

このようなサイトでは非常に求人情報数が多くあるので、自分が興味あるような求人情報を探すのは大変ですが、その分自分にあった求人情報と出会える選択肢が広いです。

求人情報が見つかると企業とのやり取りになりますが、面接対策や履歴書の作成なども自分でやらないといけません。

紹介エージェントを利用する

紹介エージェントとは、サイトに登録するだけで、自分に合った求人情報を提供してくれるだけでなくキャリア形成についてアドバイスをもらえたりします。このご時世なにがあるかわかりませんから、キャリア形成は計画的に行う必要性があるといえるでしょう。

このようなキャリア支援を受けることで、自分では築かない自分の可能性とキャリアの選択肢が知ることができるので、手間がかかりません。年々紹介エージェントを利用する求職者は増えてきましたので、利用してキャリア支援をうけることもアリだといえるでしょう。また費用も一切かからないことがあるので、利用して損するといったことはないでしょう。

まとめ

以上、電気主任技術者の求人情報について調査してきましたが、電気主任技術者という資格職は今後も再生可能エネルギー分野の成長とともに求められ続けていくでしょう。まだ電気主任技術者の資格を取得していない方もすでに取得しているが、どうやって求人情報を探したらよいか迷走している人にとっての記事になれば幸いです。

LINEで送る
Pocket