LINEで送る
Pocket

電気業界・建設業界に特化した転職支援サービスの「建職バンク」。
今回は、建職バンクを通して、電気施工管理職に転職を決めた小野寺さんにインタビューを行いました。

小野寺さんは、4年制大学の法学部を2017年に卒業し、新卒で建築施工管理職として就職。社会人3年目のタイミングで新たな挑戦のため、転職を決められました。
なぜ転職活動を始めようと思ったのか。どんな条件で企業探しをしていたのか。転職活動のスケジュールなどについて伺いました。

小野寺様
1994年生まれ。2017年に4年制大学の法学部を卒業。新卒で建築施工管理職に就職。その後建職バンクを通して転職活動を行い、創業69年続く老舗企業の電気工事施工管理職に内定。転職活動期間は約1か月間。保有資格は第二種電気工事士。

▼転職をお考えの方はこちらもどうぞ
電気工事士の高年収求人情報を検索
電気業界最大級の転職・求人情報サイトで、ピッタリの求人を見つけましょう。

竣工後、一番最初に電気をつけた瞬間に感動。その達成感をもう一度味わいたい

ー 新卒で建築施工管理職として就職し、その後計装工事に携わってきたとのこと。今回新たなチャレンジとして、電気工事業界への転職を希望されていたのはどうしてですか?

元々から電気工事関係の仕事をしたいと思っていたんです。
今の会社も、社長にも電気工事ができると言われていたので入社を決めたのですが、実際はなかなかできなくて。
1年頑張ったのですが、会社の方針として今後は計装工事をメインで行い、電気工事はやらないということになったので転職を決めました。とにかく電気工事がしたかったんです。

ー どうしてそこまで電気工事に携わりたかったのですか?

大学を卒業して新卒で入った会社で、立体駐車場の新築工事の施工管理に携わったんですが、そのときの現場で竣工後の照明の点灯に立ち会った瞬間に、とても感動したんですよね。建物に明かりがついたときのあの感動が今でも自分の心の中に残っています。

それ以来電気工事をやりたいという想いがどんどん増してきて、今回改めて転職することに決めました。

長期的に見て働きやすいと思える会社を探していた

ー そこで建職バンクに登録いただいたんですね。知ったきっかけは何だったんでしょうか。

ネットで調べていたら建職バンクさんを見つけて、電気業界に特化しているということだったので、まず登録してみることにしました。
登録後すぐに担当の舩井さんから連絡をいただいたので、希望の条件などをお話ししました。
私のやりたい仕事のことをよく理解してくれて、ピンポイントで仕事を紹介してくれたので有難かったです。

実は他の転職エージェントも利用したのですが、電気工事希望であることを話しても、経験のある計装や管工事のほうを紹介されていて、どうしようかと思っていたところでした。
その点、建職バンクさんは条件のヒアリングも丁寧で、こまめに連絡をいただけたので本当にやりやすかったです。

ー 在職中での転職活動でしたが、どういったスケジュールで進めていましたか?

職場の休憩時間はしっかりとらなきゃいけない決まりだったので、その時間にスマホで求人情報などを確認して進めていました。休憩は午前中の30分と午後の1時間半で合計2時間ほど。建職バンクの舩井さんは、早く返信をくれたので進めやすかったです。

ー どんな条件で会社を探されていたんですか?

最初は電気工事士の仕事を探していました。将来的には施工管理のほうをやりたいと思っていたのでキャリアアップも望める会社で、かつ頭を使って長く働ける会社がいいなと思っていました。

また個人的な話ですが、近い将来に結婚を考えているので、家族と過ごす時間が確保できるかどうかも念頭に置いていました。つまり長期的に見て、働きやすいと思える会社という点で求人を探していましたね。

ー ゆくゆくは施工管理職につきたいと思いながら、まずは工事士を希望していた理由は何でしょうか。

将来的に施工管理をやる上で、まず現場のことを知らないといけないと思っていたからです。しかし担当の舩井さんに、施工管理をしながら現場の知識も得られるような会社はどうかとご提案いただきました。

遅かれ早かれ将来的に施工管理をやりたいと思っているなら、今のうちからやっていたほうが後々の給料も上がりやすくなるということだったので、それならばと思い、社内に工事士がいるなど工事士の方と身近に接することができる会社を中心にピックアップしてもらうことにしました。

ー 最終的には創業60年以上続く老舗の電気設備工事専門会社へ転職を決められましたね。決め手は何だったのでしょうか。

あらゆる点で希望条件とマッチしていたからです。
一番は、やりたかった電気工事の施工管理ができること。電気工事と管理が一体になった会社なので、職人の方ともコミュニケーションを取りやすい点は非常に魅力的でした。

また希望通り、きちんとプライベートの時間を確保できて、長期目線で見て働きやすい会社だと感じたことです。
さらに創業60年以上続いていて歴史がある会社であること。確かな技術力がなければ60年以上も続かないと思います。安心できる会社だと思いました。

何より決め手は、面接をしたときの社長と専務の人の良さが伝わってきたことですね。面接が終わったあとも最後まで丁寧に見送ってくださって、その他の面でも細かな気配りが素晴らしく、組織がしっかりしているという印象を持ちました。
こういったことを総合的に判断して、この会社への入社を決めました。

ー 希望条件にマッチした会社を紹介でき、こちらも安心しています。さて、第二種電気工事士の資格をお持ちですが、どのように勉強をしていたのか教えていただけますか?

参考書を買って読んで、ひたすら過去問を解いていくスタイルで勉強していました。試験の傾向として同じような問題が出題されることが分かっていたので、ひたすら過去問を解いていました。

試験の1か月ほど前から本格的に勉強を開始して、仕事から帰ったあとと、仕事の休憩中に勉強していました。1日100問を自分に課して、最終的には過去問を4周しました。1週間あればしっかり1周できるペースです。計画通り進められました。
参考書は先輩からおすすめされた「すぃ~っと合格」を使っていました。学校でも紹介されていた本だったので安心感はあると思います。

実技試験の道具は会社のものを借りました。練習用の材料は自分でAmazonで購入して、何度も復習しましたよ。
電気工事士に合格できたので、今は2級電気工事施工管理技士の取得を目指して取り組んでいきたいと思っています。

▼転職をお考えの方はこちらもどうぞ
電気工事士の高年収求人情報を検索
電気業界最大級の転職・求人情報サイトで、ピッタリの求人を見つけましょう。

次の転職は絶対に失敗したくなかった

ー 転職エージェントとして「建職バンク」を使った感想を教えてもらえないでしょうか。

舩井さんに面接対策をやっていただいたおかげで、安心感をもって面接に挑めました。面接に必要な情報を事前に教えてもらえていたのは心強かったです
また職務経歴書の添削も助かりました。フォーマットがあったので作りやすかったです。正直、職務経歴書をちゃんと書いたのは初めてだったので、こういう書き方をするんだと参考になりました。アドバイスをもらいながらですが、自己PRの部分がうまく作れたので満足しています。

これまで二社経験してきましたが、次の転職は絶対に失敗したくないと思っていました
なので、自分だとなかなか面接で聞きづらいことも、舩井さんを経由して入念に確認することができたのは良かったです。

ー 最後に、転職を考えている方へのアドバイスがあれば、教えてください。

当たり前ですが、会社の情報をとことん追究することですね。私は、前の会社でよく情報収集せずに入社して失敗してしまったので。
漏れがないように確認できれば、入社後のギャップは少なくなると思います。
何をやっている会社なのか、電気工事といっても、マンション工事なのか、工場なのか、商業施設なのか、変電なのか、など。どういう電気をやりたいのかを明確にして、転職するときになるべくミスマッチをしないようにしていただきたいです。

ー 本日はありがとうございました!転職先でのご活躍をお祈りしています。

キャリアアドバイザー舩井(左)と小野寺さん(右)

転職をお考えの方はぜひ建職バンクへご相談ください!

電気業界専門の転職エージェント「建職バンク」。サポートの手厚さには自信があります!ご利用はもちろんすべて無料ですので、ご安心ください。
求人のご紹介だけでなく、職務経歴書などの書類の添削、面接対策までしっかりお手伝いいたします。無理なお声掛けはしませんので、まずはお気軽にご相談ください。
電気業界求人に熟知したキャリアアドバイザーからご連絡いたします。

登録して求人を受け取る

LINEで送る
Pocket