LINEで送る
Pocket

「転職する」と決めて、転職サイトに登録してみたとはいえ「なるべく求人が多い時期に転職活動をして、良い求⼈にたくさん出会いたい!」「もっと経験をつみ⾃分の市場価値が⾼い時に転職したい!」というのが本⾳でしょう。

とはいえなかなかそういった情報を探すのは難しく、「仕事が落ち着いたら転職活動を始めよう」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、建設業界に共通する「転職のタイミングの⾒極め⽅」をご紹介します。

建職バンクのバナー

1. 転職するなら、⼊社から何年⽬がベストタイミング?

【若手】相応の理由であれば特にタイミングは関係ないが3年目以降が理想

「いざ仕事をしてみたら別のことに興味が湧いた」「休みも少なく⾁体的にも精神的にも限界」など、転職を考える理由はさまざまです。

厚⽣労働省の調査「新規学卒者の離職状況」によると、2014年の建設業界に就職した新卒者のうち⼤卒の30%、⾼卒の47%が、3年以内に離職しています。

あまりに劣悪な労働環境だったり、成⻑できる機会をまったく与えてもらえなかったりする場合は、早期離職して次を探すのもいいでしょう。まだ若く、どの会社の⾊にも染まっていない層の柔軟性とポテンシャルに期待し、「第⼆新卒」として歓迎する会社もあります。

しかし、⼀般的には、⼊社後1年に満たないタイミングでの転職には、「忍耐⼒」という点で疑問符がついてしまう可能性が⾼いのが現実です。

一般的には⼀通りの仕事を覚え、若⼿としての伸びしろに期待できる⼊社3年前後くらいがベストタイミングと言われていますが明確にやりたいことがある場合や、今の環境での成長が見込めない場合は在籍期間に関わらず転職を検討することをおすすめします。若手であれば経験や在籍期間不問で採用してくれる会社はたくさんありますし、そういった企業は総じて育成力の高い会社が多いです。

とはいえ「20代では多くても転職回数3回まで」など転職回数を見る会社もあります。転職回数が多くなりすぎると今後の仕事選択の幅が狭くなることは意識しましょう。

【中堅】経験を積む転職ができる最後のチャンス

30代半ば以降での転職を考えている場合は、できるだけ早いうちに転職活動を始めることをおすすめします。

というのも、30代半ばを過ぎると企業としては中堅扱いとなり、年齢が上がれば上がるほど求められるスキルが上がってしまうためです。

20代の転職とは異なり30代~40代の転職では作業者であれば「職長経験」、施工管理職であれば「代理人経験」、設備管理職であれば「選任経験」を見られることが多くなります。

現在管理職などについているのであれば焦る必要はありませんが、特に役職についていない場合はできるだけ早いタイミングで転職したほうが有利に働きやすいといえます。

逆に管理職についている方や資格や経験が十分にある方は、年収アップを目指せるチャンスとも言えます。

【ベテラン】現職の年収が高すぎると…

50歳以降の転職の場合、資格や経験に合致しているかをシビアに見られます。

そしてこの年代でよくあるのが、仕事内容にも納得でき職場の雰囲気もいいが、オファー金額が現職よりもかなり低いという現象です。

建設業は肉体労働も多く、体が衰えはじめると稼働時間もお給料も減っていくことが多いです。それ故電気主任技術者や施工管理技士などの仕事を除き給料維持での転職が難しくなります

なかなか理想の企業に出会うことが難しいケースもあるので早めに情報収集に動くことをおすすめします。

また、50歳を迎える前に資格取得や経験を積むなど今後のキャリアを考える必要があります。

2. 転職するなら、どんな経験が必要?

【若手】ポテンシャル重視。経験が浅くても問題ない企業が多数

20代であれば一部職種や大手企業を除き特に経験が問われないケースが多いです。というのも工事のジャンルや規模によって内容が大きく異なるため、勉強をせず経験がそのまま活きるということは少ないからです。

過去あった事例で、38才の方でマンションの改修工事を長年やってきた方が工事の幅を広げたいという理由で箱物工事をメインで行っている会社に面接に行った際「少し若かったら教えたら覚えられるんだろうけどマンションと箱物は全く内容が違うから覚えるの大変だよ」と釘をさされ、結果お見送りになってしまった方がいました。

若手であれば「経験をつんでから転職」ではなく、「経験をつむための転職」と考えたほうが良いでしょう。

【中堅】施工管理を除き資格と経験セットで見られることが多い

30代半ば~40代は資格と経験をセットで見られることが多いです。というのも建設業では業務上資格がないと出来ない業務が多数あり、経験をつむには資格を取らないと難しいためです。

一方施工管理職に関しては代理人などを除き資格がなくてもできる業務も多く経験を重視されるケースが多いですが、案件規模や工事内容などより経験を問われる事が多いです。

【ベテラン】資格と経験に加えマネジメント経験も見られる。

50代以降は資格と経験に加えマネジメント経験も見られることが多いです。一部職種を除き今までつんできた経験をいかに後輩に教えるかという育成も業務内容に入ってきます。

一方ビル管理など設備管理職ではマネジメントよりも現場で活躍することを求められるケースも多く、スキルや経験、コミュニケーション能力が求められることも多いです。

まとめ

転職は「なんとなく」思い立ったときに勢いですると、思わぬミスマッチを生んでしまうことがあります。しかし、ベストタイミングを見極めて計画的に行うことで有利に進めることもできます。

それぞれのタイミングで「今が本当にベストかどうか」を慎重に確認しながら転職活動を進めていきましょう。

転職時期を含め「活動について誰かに相談したい」という時は、建職バンクへお気軽にご連絡ください。

建設業界に精通したアドバイザーがお話をお伺いします!

無料の転職サポートはこちらから

必須お持ちの資格(複数可)
必須ご経験(複数可)
必須生まれた年
必須お名前
必須電話番号
必須メールアドレス
必須お電話希望曜日(第一希望)
必須上記の曜日でご都合がつきやすいお時間帯(第一希望)
必須お電話希望曜日(第二希望)
必須上記の曜日でご都合がつきやすいお時間帯(第二希望)

利用規約を確認、同意の上ボタンをクリックしてください。

LINEで送る
Pocket