LINEで送る
Pocket

現代社会はネットワーク社会ともいえるほどに高度に通信技術が発展し、いたるところに通信ネットワークが張り巡らされています。そんな社会を維持するためには電気通信設備が欠かせませんし、その維持と保守を行える人がいないといけません。電気通信主任技術者の難易度についてはこちら

▼転職をお考えの方はこちらもどうぞ
資格を活かせる高年収求人情報を検索
電気業界最大級の転職・求人情報サイトで、ピッタリの求人を見つけましょう。

電気通信主任技術者とはどんな仕事をするのか?

電気通信主任技術者の仕事・役割は電気通信設備の工事・維持・運用の責任者

電気通信主任技術者は、まさに電気通信ネットワークの工事や維持・運用を担う監督責任者としての役割があります。電気通信主任技術者は国家資格で、試験に合格するなどしてでしかなることができない業務独占的な資格なのです。

電気通信主任技術者は電気通信事業法の規定下にあり、電気通信主任技術者試験を実施する一般財団法人「日本データ通信協会」によると、以下のような役割をもっています。

電気通信事業者は、その事業用電気通信設備を、総務省令で定める技術基準に適合するよう、自主的に維持するために、電気通信主任技術者を選任し、電気通信設備の工事、維持及び運用の監督にあたらなければなりません。電気通信主任技術者の選任は、原則として、事業用電気通信設備を直接に管理する事業場ごととなります。

電気通信事業者の設置する事業用電気通信設備の維持・運用のために電気通信主任技術者を選任する必要があるのです。このような選任義務があるからこそ電気通信主任技術者の市場での一定の需要は存在しているといえます。電気通信主任技術者の資格をどのような人が受験するのかといえば、NEC、NTTの人や電話会社の人であることが多いようです。

電気通信主任技術者の求人から見る仕事内容

実際に電気通信主任技術者の資格保有者を対象にした求人は数自体は他の電気系の資格(電気工事士、電気主任技術者等)と比較すれば多くはありませんが、求人情報はその人に任せたい仕事であります。具体的にはどんな仕事があるのかを電気通信主任技術者を対象にした求人情報からピックアップしたものが以下になります。

  • 無線LANシステムや高速通信の通信設備の建設工事・維持・運用の責任者
  • 無線機据付や調整、試験運転などの監督業務
  • 電波測定、調査、分析、エリア分析などの業務
  • ワイヤレス通信品質の最適化・移動体通信交換システムの運用
  • 回線ジャンパーなどの電気通信工事の監督
  • ラック設置、サーバー実装作業

などのような仕事を電気通信主任技術者に対する求人情報で求めているようです。これらのような仕事は法律上で電気通信主任技術者のような資格者にしかできない仕事もあります。

電気通信主任技術者のメリットと需要

電気通信主任技術者のメリット

電気通信主任技術者の資格を保有することでどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 電気通信に関する技術力の向上と知識の研鑽
  • 電気通信主任技術者の職場となりうる電話会社、無線会社、電気通信会社、家電メーカーなどでの転職の際に資格を保持していることが有利に働くことがある
  • 電気通信主任技術者を持っていることで資格手当が発生する企業もある。資格手当額は月額でおおよそ1000~5万円の範囲での支給とされているが、電気通信主任技術者の資格手当で月額1万円の企業もあるようです。

この電気通信主任技術者の資格が活きるのは、ネットワーク事業部や情報通信部などの部署などでしょう。このような部署で電気通信主任技術者の資格を保有していることがメリットに働くことがあるようです。

電気通信主任技術者の需要

大まかに電気通信主任技術者の資格を保持することのメリットは以上のようなものがありますが、実際に電気通信主任技術者の需要はあるのでしょうか。

電気通信主任技術者を対象とする求人は先ほども触れたように他の電気系の資格と比較してそこまで多くはありません。

弱電系の資格の中では工事担当者の資格などと比較して難易度が高い資格ですし、事業場に選任義務があるがゆえに需要は高そうですが、すでに選任している場合があったり、1都道府県に一人いれば他のすべての事業所で兼任することがあったりすることから、電気通信主任技術者の需要はそこまで高くはないようです。

電気通信主任技術者の資格はNTTなどの大規模な電話会社での社内資格として必要になることが多く、ビルメンテナンス業界で働く人などにとって、この資格を保有していることが昇級などにつながることは考えにくいようです。

▼転職をお考えの方はこちらもどうぞ
資格を活かせる高年収求人情報を検索
電気業界最大級の転職・求人情報サイトで、ピッタリの求人を見つけましょう。

電気通信主任技術者の仕事はきつい?

どんな資格職にもきついことはあるかもしれません。電気通信主任技術者の仕事についてもきついことはあるでしょう。実際にどんなことが電気通信主任技術者の仕事の中できついと感じることなのかを実際に選任された電気通信主任技術者の声を基にいくつか紹介します。

  • 施設の通信ケーブルの引き込み・接続などの作業以外の書類作成の仕事が圧迫して夜勤が続くことがある。
  • 下請けと元請の給料格差がある。建設業界、IT業界の慢性的な問題とされる重層下請け構造下において、元請に対し、下請けの給料が低いことにきつさを感じることがある。
  • 設置設備の増加に従い、敷設しなければならないケーブル数が増え、現場に人がいないと仕事量が膨大になる
  • 現場によっては、昼間の活動を阻害しないように夜からの仕事になる
  • 通信設備の保守を担当することになると、何か故障などのトラブルが発生するのに備えて24時間待機しないといけないことがある

などといった点が電気通信主任技術者の仕事できついとされているようです。

電気通信主任技術者の年収

電気通信主任技術者を対象とした求人情報36件から年収の下限値と上限値を調査し、レーダーチャートグラフ化したものが以下になります。

電気通信主任技術者の年収の下限 と 上限(万円)

電気通信主任技術者の年収の下限 と 上限(万円)

電気通信主任技術者を対象にした求人情報から年収の平均値をとると、電気通信主任技術者の年収は519万円となりました。年収の下限値の平均値は385万円となり、年収の上限値の平均値は652万円となりました。

電気通信主任技術者を対象にした求人数はあまり多くないので、確かな数値かどうかはわかりませんが、年収としてはそこまで低くはないようです。電気通信主任技術者の求人の中でも、元請となる求人の年収は高いことが想定され、下請けとなる求人の年収は元請ほど多くはないのかもしれません。

まとめ

以上のように、電気通信主任技術者の仕事内容はどういったものなか?資格を取得するメリット、市場からの需要、電気通信主任技術者の年収はどのくらいなのかという観点から紹介してきました。電気通信主任技術者の資格は職場によってはニーズが高いものですので、そうした職場を目指す人にとってはメリットの大きい資格であるといえるでしょう。

LINEで送る
Pocket