LINEで送る
Pocket

 

▼転職をお考えの方はこちらもどうぞ
電気主任技術者の高年収求人情報を検索
電気業界最大級の転職・求人情報サイトで、ピッタリの求人を見つけましょう。

電験2種の参考書事情

電験2種という国家試験は言わずとしれた難関試験です。毎年おおよそ6,000人の受験生がいる電気系の中でも人気の資格です。電験2種の試験難易度は高いですが、発電業界(特に再エネ分野)での需要が高まっている資格ですので合格に向けて本気で勉強する受験生は毎年います。

そんな受験生にとってしばしば悩みとしてあがるのは、「参考書は何を選べばいいのか」ということです。電験3種の対策参考書はamazonで727冊あり、かなりの数の参考書が出版、販売、中古販売されています。

それに対して電験2種の参考書は完全一致検索で135冊と電験3種より参考書の数は少なくなっています。

とはいえ約135冊(何種類あるかは定かではありません)ほどの参考書があるわけですからその中から自分に合う参考書を選択することは非常に難しいことです。

そこで今回は建職バンクをご利用されている電験2種持ちの方5名に聞いた電験2種のおすすめ参考書や、今amazonで売れている参考書を紹介します。

電験2種参考書おすすめランキング(amazon編)

今や書店に行かずともオンラインショッピングで参考書を新品でも中古でも購入することができます。参考書を何冊も買って結局開かずに本棚にしまうというのは多くの人が経験することでしょう。さらにオンラインショッピングだとその敷居が低くなりがちです。

そこで、本当におすすめできる電験2種の参考書を大手ネットショッピングサイトamazonのおすすめ参考書と、合格者のおすすめを紹介します。

電験2種:おすすめ参考書ランキング(amazon編)

表紙評価レビュー(一部抜粋)
★★★☆☆値段が高いが微積についてわかりやすい。
初学者には難しい
電験3種持ちならおすすめ
★★★★☆この本から半数程度の問題が出題された年もある。
基礎固めとして優秀
解説が丁寧
二次試験対策の鉄板
計算速度の底上げには最適
過去問が豊富
★★★☆☆問題量が多い分解説が簡略。
初版は誤植が多い
回答がコンパクトで基礎力がある人向け
二次試験問題がコンパクトで反復学習しやすい
★★★★☆過去40年分の計算問題が収録されているから演習用で使える。
過去問収録量はトップ
問題数が多い分解説が簡潔
電験1種の問題が混じっていたりとやや無駄が多い
★★★★★最も合格率が低い科目「理論」対策に特化した参考書。
出題傾向を掴める
テーマ別なので苦手ポイントを対策できる。

これらの参考書はレビュー付きの参考書、かつamazonでおすすめされている人気の電験2種の参考書です。(リンクはこちら)

電験2種の勉強方法として独学、資格学校に行き取得するなどの方法が挙げられますが、いずれにせよ参考書を手にするのではないでしょうか?その時にどの参考書が良いか、コストに見合う価値のある参考書なのかどうかを決めるさいに他の人の意見は参考になるでしょう。

参考書を選ぶ際の基準

その時にどんな参考書がいいのか?を決めるときにどんな基準で決めればいいのか考える際に購入者の声(レビューは参考になるかもしれません。)

電験2種の参考書を購入する際の決定事項としては、以下のようなものがあるでしょう。

・「過去問が豊富で解説は簡単で大丈夫
・「問題数はそこまでボリュームなくても解説が丁寧なものがいい
・「苦手な科目に特化したテーマを解説してくれる参考書がいい
・「単語帳のようなキーワード別で暗記したい
・「電験2種の計算問題を強化したい
・「お金がかからない(中古でもいい)

などといった軸があるでしょう。では、実際の合格者はどんな基準でどんな参考書を選んでいたのでしょうか?

▼転職をお考えの方はこちらもどうぞ
電気主任技術者の高年収求人情報を検索
電気業界最大級の転職・求人情報サイトで、ピッタリの求人を見つけましょう。

電験2種のおすすめ参考書ランキング(合格者編)

電験2種試験には一次試験と二次試験があります。参考書では、一次試験二次試験共通の問題やテーマを扱った参考書、一次試験の問題を扱った参考書、二次試験の問題を扱った参考書、一次試験の各科目を扱った参考書があります。それぞれについてのおすすめ参考書についてを合格者の声を参考に紹介します。

電験2種一次試験、二次試験共通おすすめ参考書(数学)

rank表紙合格者の声
1圧倒的な問題数で全ての問題を解くにはそれなりの時間がかかるが「理論」を中心に問題の傾向を完全につかめるようになる。また、計算問題の解法プロセスを脳内に叩き込むことができるようになる。とはいえ、解説が薄いので他の参考書で補う必要がある。コラムもかなり参考になる優秀な参考書(55歳男性H26年度合格,メガソーラー勤務)
2渋沢賞を受賞された紙田先生の名著。電気数学の神髄に触れることができるとともに電験2種数学の対策にもなる。電気技術者としての技術をより高めたい人にはたまらない名著。(同様)
3電験2種の数学の基礎をわかりやすく解説してくれる鉄板の電気数学本。とにかく電験2種の門戸をたたく前に電気数学の基礎を定着させなければなりません。その時にこの本は相当参考になります(39歳男性,電力会社)
#番外編として電気書院さんが販売している「電気計算」の雑誌も直接敵に電験2種の参考書とはなりませんが、非常に面白い本です。電気機器の数式の証明だけを扱った回など相当に難しく、マニアックですが、その分知らないことを知れるので知識の吸収という観点で相当面白いです。(61歳電気管理技術者)

電験2種の問題を解くに当たって「数学」の基礎知識はかかせません。電験3種の数学力に加えて「微分・積分」、「ラプラス変換」に関する数学的知識、物理知識を電験2種試験では身に着ける必要があります。このような数学力を身に着けるには☝のような参考書(特に電験2種「いちばんよくわかる 電験2種数学入門帖」)で勉強する必要があります。

また、電験2種の数学を勉強するのに電験3種の数学の参考書を使用することも一つの手段でしょう。電験2種の数学を対策することは一次試験、二次試験共通の対策になります。

電験2種一次試験おすすめ参考書

rank表紙タイトル合格者の声
1有名な「これだけ」シリーズです。このシリーズの四科目を読破することで一次試験合格の素地はつけることができるでしょう。特に電験2種で最も難しい「理論」の対策用としてこの参考書は役立ちます。「これだけ」といいつつ「こんなに⁉」というのが正直な感想ですが、長年愛されているシリーズなだけあって電験2種のレベル感を掴めるとともに基礎固めとしても優秀な参考書です。(55歳H23合格.メガソーラー勤務)
2出題傾向が記載されており、初めて電験2種を受験したときに相当参考になりました。私は科目合格で3年かけて免状ゲットしたので、2年間この参考書を一次試験ようの基幹参考書として読破していました。意外に4科目まとまった電験2種一次試験用の参考書はなく、体系的かつ網羅的に一次試験を対策するにはこの本でしょう。不満だったのは答えが最初から記載されていることくらいです。
3なんといっても解説がわかりやすい。図でわかりやすく解説されていたりポイントで重要な個所を解説していたりと親切設計になっています。ネックなのが周回するのが大変ということくらいでしょうか。また、別解が記載されているのですが、この別解をどこまで吸収するかが迷いどころです。
#電験2種一次試験対策としてかの有名な電気新聞を利用したことはないのですが、電気技術者として仕事をしていく上で役立つ知識が豊富です。先の北海道ブラックアウトに関する考察などを読むとより電気と保安に関する深い理解ができます。まわりまわって試験対策になるようなことが詰まっているのがこの電気新聞の良さです。

電験2種の中でも最も合格率が低い科目は「理論」です。詳しくは☞「電験2種の合格点

理論をマスターすることが一次試験を突破するためのカギです。ですので、この理論をどんな参考書で対策するかは非常に重要なことでしょう。電験2種の一次試験各科目についての参考書は比較的数多くの参考書が出版されています。

特に電験2種一次試験対策として有名な「これだけ」シリーズは人気が高い参考書です。このような参考書に間違えた問題個所になぜ間違えたかを記入するなどの勉強法で対策するかたもいますし、参考書の使い方は人それぞれです。

電験2種二次試験おすすめ参考書

rank表紙タイトル合格者の声
1電験2種二次試験参考書としての王道ともいえる鉄板参考書です。二次試験対策の参考書自体あまりないので、非常に重宝した参考書です。基本例題と応用例題の構成になっており、近年増加している論説問題にも対応できるだけの質と量になっています。二次試験用の参考書とはいっても一次試験対策にもつながるので一次試験対策中に同時にoutputとして演習していました。二次試験受験会場でもこれだけシリーズを読んでいた人がけっこういたのでそれだけ支持された参考書なのでしょう。(39歳電力会社勤務)
2電験2種二次試験はとにかく時間との闘いです。特に機械制御で時間が足りずに一年目は落ちたのですが、二年目の同窓会までに計算テクニックをつけようと思いこの参考書を手にすると、解説もわかり安くこの参考書を読み電卓の効率的な使い方を身に着けました。おかげで電卓であたふたすることはなく、時間短縮につなげることができました。
3電験2種に関する数多くの参考書を執筆している著者が集結して執筆された参考書なだけあり、非常にまとまっており解説もわかり安いです。値段も1,400円と安い分、コンパクトで余計なものに紙面を割かないというスタンスです。

電験2種二次試験の参考書はあまり出回ってなく、鉄板の「これだけ」シリーズで対策する受験生が多いようです。当然ですが、電験2種二次試験を突破することは一次試験を突破することと同義です。ですので、一次試験勉強中に二次試験対策を同時並行することで効率的に勉強できます。

まとめ

以上のように電験2種の参考書を合格者の声やamazonのおすすめから紹介しましたが、参考書が本当に自分の肌にあうかどうかは人それぞれです。実際に書店で手をとってそのことを確認することがベストなのですが、書店にいっても電験2種の参考書はあまりありません。よくみるのは「これだけ」シリーズなど人気の参考書のみです。

ですのでオンラインショッピングなどを利用して口コミや上司などの声を参考に自分にあう参考書を探すことが電験2種の門戸をたたくことの第一歩です。あくまで☝で紹介してきた参考書は一例です。参考書も積み重なれば安いものではありません。ですので、多くの人のレビューを参考にすることは有意義なことでしょう。

LINEで送る
Pocket