電気工事士の転職に「電気工事士求人バンク」【公式】

Denko top men
工事士資格をお持ちの方のお仕事探しに
業界最大級の転職・求人情報サイト
「電気工事士求人バンク」
✔ 高給与未経験歓迎の求人が多数
✔ 会員様限定のプレミアム求人も!
Denko number one
Denko top job service btnDenko top shokunin btn

電気工事士の求人を職種から探す

電気工事士の新着の求人

すべての新着の求人を見る

2021年度電気系資格 カレンダー

資格名種別時期項目申込期間試験実施日合格発表日
電気工事士第一種筆記6/14(月) ~ 7/1(木)10/3(日)
技能12/12(日)
第二種上期筆記3/22(月) ~ 4/8(木)5/30(日)
技能7/17(土) または 7/18(日)
下期筆記8/16(月) ~ 9/2(月)10/24(日)
技能12/18(土) または 12/19(日)
電気主任技術者第一種一次5/17(月) ~ 6/3(木)8/21(土)
二次11/14(日)
第二種一次8/21(土)
二次11/14(日)
第三種8/22(日)
電気工事施工管理技士1級学科1/15(金) ~ 2/21(金)6/13(日)7/16(金)
実施学科免除者:7/6(火) ~ 7/20(火)10/17(日)2022/1/28(金)
2次検定からの受験1/29(金) ~ 2/12(金)
2級前期学科1/29(金) ~ 2/12(金)6/13(日)7/6(火)
後期学科7/6(火) ~ 7/20(火)11/14(日)2022/1/21(金)
実施2022/1/28(金)
電気通信工事施工管理技士1級学科5/6(木) ~ 5/20(木)9/12(日)10/14(木)
実地12/5(日)2022/3/2(水)
2級前期学科3/3(水) ~ 3/17(水)6/6(日)7/6(火)
後期学科実地6/28(月) ~ 7/27(火)11/21(日)2022/1/14(金)
※学科のみ
2022/3/2(水)
電気通信主任技術者伝送交換主任技術者
線路主任技術者
第一回筆記4/5(木) ~ 5/6(木)
実務経歴の申請なし(インターネット・郵送)
7/11(日)8/2(月)
4/1(木) ~ 4/21(水)
実務経歴の申請あり(郵送)
第二回10/1(金) ~ 10/21(木)
実務経歴の申請なし(インターネット)
2022/1/30(日)2022/2/21(月)
10/1(金) ~ 10/11(月)
実務経歴の申請あり(インターネット)
電気通信の工事担任者第一回筆記2/1(月) ~ 3/4(木)
実務経歴の申請なし(インターネット・郵送)
5/23(日)6/14(月)
2/1(月) ~ 2/19(金)
実務経歴の申請あり(郵送)

電気工事士の転職情報

電気工事士の年収・月給
「電気工事士求人バンク」で最も多い年収帯は300万円~480万円で、電気工事士の期待平均年収は450万円となっています。単純に12ヶ月で割ると、月給25万円~40万円程度になります。職種別に見ると、職人・現場作業員の方に比べ、電気工事施工管理業務の求人において年収が高い傾向にあります。
ただし、これらはあくまで公開されている求人情報に書かれている金額ですので、お持ちの資格や経験・技術・知識に応じてより高い給料を得られる可能性もあります。
「電気工事士求人バンク」が取り扱う求人の中には年収900万円の非公開求人もあります。そのような高給与の求人情報は非公開のことが多いため、転職エージェントを利用することも1つの手です。
電気工事士の転職活動の進め方
まずは転職サイト・求人情報サイトを見てみるのがおすすめです。
給与、応募資格、必要な経験、業務・仕事内容、正社員か派遣・アルバイトか、など気になる点をチェックしましょう。
気になる求人を見つけたら、さっそく応募してみましょう。応募にあたっては、履歴書・職務経歴書(・工事経歴書)が必要になることが大半ですので、準備しておきましょう。
応募後は、会社とやりとりをしながら面接や試験を進め、給与や条件・待遇面を詰めて内定に至ります。
電気工事士の資格を活かした業務・仕事内容
未経験の方には馴染みが薄いかと思いますが、電気工事士は人気の高い資格です。不況時にも比較的安定的に収入を確保しやすい、「手に職をつける」という言葉がピッタリの国家資格です。電気工事士の資格の種類には2種類あり、一種と二種があります。これは、電気作業の対象が事業用電気工作物か、一般用電気工作物かで別れます。
電気工事士を活かせる業務・仕事内容は、文字通り電気工事になります。電気工事は、建設業の中でも送電線、配電盤、電灯、電力機器などの設備の工事を行う専門工事のことを指します。電気工事士の具体的な仕事内容は、上記の1種、2種によっても変わってきますが、主には電気工事の現場代理人、電気設計、積算と見積もりの仕事などがあります。
給与、応募資格、必要な経験、業務・仕事内容、正社員か派遣・アルバイトか、など気になる点をチェックしましょう。
気になる求人を見つけたら、さっそく応募してみましょう。応募にあたっては、履歴書・職務経歴書(・工事経歴書)が必要になることが大半ですので、準備しておきましょう。
応募後は、会社とやりとりをしながら面接や試験を進め、給与や条件・待遇面を詰めて内定に至ります。
Btn back to top