更新日 : 2023/5/31

株式会社エスコ【直行直帰】キュービクルの保安管理(栃木県)(第三種電気主任技術者)

契約社員

給与アイコン年収

300~500万円詳しく見る

カバンアイコン職種

設備管理/ビルメンテナンス(ビルメン)詳しく見る

マップアイコン勤務地

栃木県詳しく見る

資格アイコン資格

以下のいずれかひとつ
第二種電気主任技術者
第三種電気主任技術者
第一種電気主任技術者

詳しく見る
【直行直帰】キュービクルの保安管理(栃木県)(第三種電気主任技術者)

募集要項

仕事内容

設備管理/ビルメンテナンス(ビルメン)

テナントビル、マンション、商業施設、病院、太陽光発電設備の自家用電気工作物の保安点検業務をお任せします。保安規定にもとづき、自家用電気工作物の月次点検・年次点検を行います。

外部委託制度を利用しているお客様の電気設備の管理業務です
・キュービクル(高圧受変電設備)の保守管理
・電気設備の保守・保安等の業務

応募条件

<資格・免許>

以下のいずれかひとつ
第二種電気主任技術者
第三種電気主任技術者
第一種電気主任技術者

<資格備考>

普通免許

<経験>

高圧受変電設備保守の実務経験必要
(第一種なら3年以上、第二種なら4年以上、第三種なら5年以上。)

求める人物像

・太陽光発電所のキュービクル保安業務など、新領域の事業、業務内容に携わる意欲と向上心をお持ちの方
・さまざまな施設の保安業務を通じて、自信の技術力を伸ばしたい方
・提案・折衝を円滑に進めるコミュニケーションスキルをお持ちの方

雇用形態

契約社員

勤務地

栃木県宇都宮市

勤務地詳細

在宅勤務(自宅から通える範囲の案件に直行直帰)となります。

<通勤手段>

公共交通機関のみ;車通勤

<転勤>

転勤無し

<出張>

出張無し

給与

月給25万円~(+諸手当)

<年収>

300万円 ~ 500万円

想定年収300万円以上(これまでの業務経験、スキル等を考慮して決定)

勤務時間

9:00~18:00(実働8時間、在宅勤務ですので基本は現場への直行直帰です。)
※休憩時間 12:00-13:00

<夜勤>

夜勤有り

物件によって夜勤は発生します

休日・休暇

週休2日制(土曜・日曜)、祝日、有給休暇(初年度:10日)、慶弔休暇、夏季休暇、年末年始休暇等

処遇・福利厚生

交通費全額支給
※ガソリンカード・ETCカード貸与
※自動車手当5,000円/月

社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)

慶弔見舞金制度、定期健康診断

<退職金>

退職金無し

採用概要

<募集の背景>

案件増加に伴う組織力強化のため

<採用プロセス>

書類選考→面接

勤務詳細

<働き方>

直行直帰の在宅勤務(自家用車を使用)
※交通費全額支給

求人の種類

自社提案

プラン

求人種別ID

ksbagent

職場の雰囲気やチーム体制、面接ポイントなどを
キャリアアドバイザーがご紹介します。

無料登録して詳細を受け取る

職場の雰囲気

ご登録後のキャリア相談時に、キャリアデザイナーがご紹介いたします。ぜひご登録ください。

組織図・チーム体制

ご登録後のキャリア相談時に、キャリアデザイナーがご紹介いたします。ご登録後のキャリア相談時に、キャリアデザイナーがご紹介いたします。ご登録後のキャリア相談時に、キャリアデザイナーがご紹介いたします。

書類・面接のポイント

ご登録後のキャリア相談時に、キャリアデザイナーがご紹介いたします。ご登録後のキャリア相談時に、キャリアデザイナーがご紹介いたします。

簡単1分

情報を入力して求人に応募

応募求人:【直行直帰】キュービクルの保安管理(栃木県)(第三種電...

STEP1
STEP2
完了
必須
お持ちの資格
(複数選択可)

必須
ご経験
(複数選択可)
必須
ご希望の勤務地

必須
生まれた年

必須
氏名
(複数選択可)
前に戻る
必須
電話番号
(半角ハイフンなし)

必須
メールアドレス
(半角英数)
前に戻る
利用規約に同意の上、ボタンを押してください

会社概要

住所

東京都新宿区北新宿2丁目21-1 新宿フロントタワー 12階

従業員数

176人

売上高

6,058,000,000円

資本金

100,000,000円

設立

2015年11月

詳細説明

■ビジョン:エスコは、"世界中の「負と不」が「プラス」に変わる"社会を目指します。グローバルな視点で、マイナスの「負」、不安不快の「不」を「プラス」に変え、社会に貢献していきます。■アイデンティティ:エスコは、"生きる上でかかるコストを最適化する会社"です。創業以来、エネルギーやファシリティ分野を中心に、省エネ・省コスト化などに取り組んでまいりました。今後は枠を広げて、本来得られるべき利益を享受できるようにすることで、お客様に満足度の高い商品やサービスを提供していきます。私たちは、コストの定義を、お金のみならず、無駄な時間や心の悩みも含め、生きる上でかかるコストを最適化することを目指します